住宅のローンの計算

住宅ローンは大口の融資になりがちで返済にも時間を要するため、総返済額などを計算しておくことが重要です。

住宅ローンは返済方式や金利の選択で返済金額が大きく変わるので、場合分けをしながら計算をする必要があります。

融資の条件が難しいですが、住宅金融支援機構の住宅ローンは低金利での利用が期待できます。

金利による返済金額への影響は計算してみるとよくわかります。

変動金利制か固定金利制かによって、計算で算出できるローンの返済金額が異なってきます。

固定金利も5年や10年とでは違います。

どんな金利方式で融資を受けるか判断するためには、それぞれのケース毎に計算する必要があります。

住宅のローンの計算

金利についてはどの金融機関からの融資を受けるかで違うので、情報収集が重要です。

特に借り入れ金額の大きい住宅ローンの場合、計算次第で得をしたり損をしたりと大きく差が出てきます。

住宅ローンの返済は長期にわたるため、景気の良し悪しで金利が上下することもあります。

今の景気はどうなのかはもちろん、今後の見通しは良くなるのか悪くなるのかで、利率も大きく変動します。

景気による景気の変化や長期にわたる返済の見通しなど、ローン計算は大変だと思う方もいます。

家は一生に一度あるかないかという大きな買い物ですから、ローンの金額も必然的に高額になります。

完済までを滞りなく済ませるには、ローンの借り入れ前に条件を理解し計算を十分に行っておくことが大事なことです。

記事メニュー

更新

2020/07/21
ページのトップへ戻る
FXをお探しなら